海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >アフリカ >アフリカ全般 >旅の安全・治安 >狂犬病 暴露後のワクチン接種ができる病院

狂犬病 暴露後のワクチン接種ができる病院

こんにちはゲストさん

海外で、犬など狂犬病を疑える動物に噛まれた後に(洗浄、消毒後)向かうべき病院を知りたくて、皆様の知識をいただきたいです。
アフリカ(または10時間以内位で着く都市)だと、ケニアでもほぼないほどだと最近、知りました。病院名を特定したいのですが、調べてもなかなかたどり着けません。
パスツールは治療する機関をもっているのでしょうか?
ご存知の方、ぜひ、回答いただけますよぅに、お願いします!

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

10件中1-10を表示

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

狂犬病 暴露後のワクチン接種ができる病院

miyotan 19/12/01 20:57
海外で、犬など狂犬病を疑える動物に噛まれた後に(洗浄、消毒後)向かうべき病院を知りたくて、皆様の知識をいただきたいです。
アフリカ(または10時間以内位で着く都市)だと、ケニアでもほぼないほどだと最近、知りました。病院名を特定したいのですが、調べてもなかなかたどり着けません。
パスツールは治療する機関をもっているのでしょうか?
ご存知の方、ぜひ、回答いただけますよぅに、お願いします!

2

Re: 狂犬病 暴露後のワクチン接種ができる病院

wander Cat 19/12/02 11:46
まず、どの国に行くのか、何をするのかが分かりません。
一般論ですが、各国の首都には(観光業が盛んな国)、外国人患者を受け入れている国際病院があります。また殆どのアフリカの国は野生動物と野良犬などが多く狂犬病のリスクが高い国です。予防・暴露後ワクチンがあるはずです。
現地情報を、わざわざ日本語で配信することはないでしょう。英語・フランス語で調べると出てきますよ。
ツアー参加するのであれば、エージェントに聞けば教えてくれます。

3

外務省のサイト

REI007 19/12/02 16:34
以下のサイトは既にチェックされていますか?

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

行かれる国でご確認下さい。

既にされていたら無視して下さい。

4

病院の特定となると、仏でも英でも難しぃ…!

miyotan 19/12/02 21:34
Akicatさん、REI007さん、ありがとうございます!

まずは現地で1回目、が常識的な処置のようですね。

今回、東京の病院に電話しまくって聞いて、一軒だけ、1回目を打ってくれる病院を見つけました。が、感染症外来があってもほとんどが2回目以降に対応、と知りました。暴露後にすぐチケット取って24時間で帰国する、というのは現実的ではないですね。

アフリカの場合、暴露後にすぐだと、どの病院に飛べば血清にたどり着けるのか、知っておきたかったのです。フランス国内だとさすがにあるようですね。

ここは、ヨーロッパでリストを作ってみよぅと思います!お守りとして。

「大丈夫やろなー」で、いつも打たないので。ダメですね。常識的な見方をすれば、そんなリスト作る暇に打てよ、って話ですよね笑

親切を、ありがとうございました。

8

一度でもワクチン接種を受けていれば

JORGE 19/12/03 17:45
危険な血清投与はしません。蛇(日本ならマムシとハブ)に噛まれたときくらいでしょう。

狂犬病は不思議なウイルスで、移動が遅いために、噛まれた後でもワクチン(培養細胞で増殖させたのち不活化したウイルス本体)接種が効くのです。血清は危険で、ヘビ毒は種類が多いために単一の成分抗体という方法が効かないのか、相手がウイルスではなく酵素なのでそうするのかは知りません。

また、ワクチン接種を受けていない人は、狂犬病免疫グロブリン(ヒト由来)を咬傷の周囲に注ぐという点でも抗ハブ血清とは違います。静脈注射ではないし、成分もヒトのものなので荒フィラキシーの心配も少ない。しかし、これは発展途上国にでは入手不可のようです。そのような国では馬由来、さらに血清となるとかなり危険で事故も多発しているそうです。狂犬病ウイルスが血液感染ではなく、神経を通るから、遅いのと傷口からの抗体が効くのです。

なお、狂犬病発症から奇跡的に回復した唯一の例はコウモリです。家に紛れ混んで逃げられなくなったコウモリを助けたがために噛まれ、発症してしまった。

このように、狂犬病はイヌだけでなく、野生動物からも感染するのです。野生動物に触れる可能性があればしておくべきでしょう。ただし、専門家は職業として動物に触れる人に向けては推奨していますが、一般旅行者に対しては、危険性の通知・教育の徹底を呼びかけています。その前に破傷風をしていない世代ならば是非してください。逆に、野生を含め動物に触れる必要がないのなら、近づかないのが一番。一部のヒトにしか感染しないウイルスを除き、ほとんどが動物から感染します。上記教育でも、家畜やペット以外の動物には近寄らない、または近づけない。動物の寄ってくる場所で食事をしない。日本の観光地でも野生猿に餌を与える映像をよく見ますが、実に危険な行為です。動物観察を意図しなくても洞窟に入るのも注意が必要でしょう。コウモリが居ますから。要するに君子危うきに近寄らずです。何事も。

9

みなさま、ありがとうございました(T^T)

miyotan 19/12/03 21:50
グロブリンを噛まれた傷の周囲に注ぐ、これ、覚えておきます!
ウイルスが神経を伝うといぅことも!だから、症状が狂犬のよぅなのですね。

たくさんの方が亡くなってるよぅで…

ワクチンを打ってない人の初動をどうするべきか、世界中で周知する必要があるのでは…

知られていないがために、手遅れになる人も多い気がします。
やっぱり、速攻で帰国するのが賢いのかなっと思いました笑

狂犬病に関してはアジアで間一髪!みたいな経験もあるので、打てるよぅに気を付けたいです。

5

Re: 狂犬病 暴露後のワクチン接種ができる病院

高島たいら 19/12/02 22:44
miyotanさん、こんにちは。

ケニアの事情、と言うことでいいのでしょうか?アフリカと言ってもたくさんの国があるので・・・
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/kenya.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/tantou.html

ここにも病院名は書かれていますが、狂犬病の血清(だと思いますが)を対応してくれるところ、と言うのは出ていないですね。心配であれば、事前に日本大使館に聞けば教えてくれると思いますが・・・ただ、前提として、
1.もちろん、予防注射は接種していくんですよね?
2.他国に搬送してもらう前提だと、疾病時治療費用は「千万円単位」で入っておく必要があると思います。
3.文章を読んでると、ケニアの場合、まずはキャッシュが必要だ、とのことみたいなので、「見せ金」でもいいのでそこそこ用意しておく必要があると思います。

ちなみに、ケニアってそんなに狂犬病注意が必要なんでしょうか?私は行ったことがないので何とも言えないですが、タンザニア、ザンビア、ボツワナ、南アと行きましたが、街中ではやばそうな犬とかも見なかったので、あまり気にしなかったのですが・・・私は予防接種は黄熱病以外は受けたことがなく(日本国内での予防接種は除いて)むしろ、肝炎あたりを気を付けた方がいいのかなあ、と思いました。・・・モンバサは生牡蠣が美味しいそうなので、いつか挑戦してみたいとは思います。よいご旅行を。

6

すいません!ケニアは例でした!

miyotan 19/12/02 23:451
申し上げると、とりあえず、今回はジブチへの小旅行なので、本来、心配すべきは今の洪水後の感染症の方ですが…汗

チフスや破傷風、A型B型、マラリア予防薬など、近所で済ますことができる予防は割りと空けずにしています。(そいえば、今の型のコレラワクチンも開発されたみたいですね!日本は未認可ですが。) まぁ、感染症や寄生虫は数えられないほどの種類でワクチンないものが多いので、蚊や口に入れるものなどに気を付けます!

今回は以降の旅に向けても、とりあえず、狂犬は暴露後にこのリストに従う、みたいな安心の糧を自作したかったのです。
そこで、アフリカ全土の血清持ち病院をリストアップしよぅかと…笑

ケニアほどの国の病院ならあるはず、と調べてみたんです。
打たずに、もしも噛まれたら近隣国または日本へのチケット取る、の戦法を考えてましたから。

世界中どこでも、少しでも命を落とす可能性はあるので、潰せることくらいはしていこう…と必死、かつ、楽しい調べもので。

結論は、「だったらちゃんと打て」、です!

判りにくい投稿なのに、ありがとうございました。





7

REI007 19/12/03 01:161
横から失礼します。

貼り付けた外務省のサイトにある各国のPDFファイルを見ると、ケニアにしろジプチにしろ、
可能なワクチンの種類と病院名リストは載っていますが、求めているのはそれではないということなのでしょうか?
ただもし狂犬病ワクチンなら一回では済まないらしいので、2回目以後の話であるならこれも無視して下さい。
実際にその時可能かは判りませんから、私も大使館に確認出来るならそれが良いとおもいます。
実用性は別として。

11

本当に心配なら聞くべき所は違う

REI007 19/12/30 18:14
お久しぶりです。
この掲示板の特徴(他のサイトであっても)の一つだと思いますが、
この手の質問は素人にしても仕方ないと思います。
外務省でも厚労省でも、本来の知識と責任の所在のある所に問い合わせるべきです。
はっきりいって、あほらしいだけです。(免疫グロブリンとか素人が簡単に入手できるわけじゃないし、まずは病院だろ、どっちにしても)
ただ訪問地に危険性があると言う情報としては有益だったと思います。
まあ、掲示板なんてその程度でしょ。

本掲示板に関してはその程度の認識です。
役立つ人には役立つ。 その程度の存在でしょう。それで充分でしょう。

削除されるコメントにぶら下げて置けば一緒に削除されるでしょうね。

お久しぶりさんも良い年をお迎えください。



  • 1

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ