海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >旅の服装 >粋や華 >ちなみに

ちなみに

こんにちはゲストさん

赤もほとんど着ません。
別に、聞いてないですか・・

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

38件中1-30を表示

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

粋や華

Rei Kosugi 05/06/01 14:24
皆さんこんにちは。
 
板も新しくなり、風は初夏、 
旅行く女(ひと)にも、華やぎが欲しい。

メモリアルウィークエンドの金曜の午後
ミネアポリス空港のFコンコースで搭乗待ちしている間 
行きかう人々をぼーッと見ておりますと、
ロングスカートでシャラン^と優雅に歩いてくる見目麗しきご婦人が…

ああ、粋だなあと思い 改めて眺めてみると
やはりパンツルックが圧倒的に多いですね。

向かいのゲートには添乗員ひきいる日本人の熟年の一団が、
女性の方々皆様やはりパンツルック、歩きやすい靴、帽子、ベスト
添乗員の女性はグレーのスーツといういでたち。

旅はパンツルックじゃないと楽しめない?
旅でも「粋」とか なごむ、はなやぐ そんなTPOがあっていいと
思っているのですが、
皆さん、旅の装いは実用と
「+α」の部分は何かなさってますか?

のっけから微妙なトピですけど

2

イブニング・ドレス

EUCO* 05/06/01 14:57
Reiさん、こんにちは。

こんな初夏には思わずスカート姿です。
気分が軽くなって大変よろしいんですよ。

旅行では、パンツ・ルックは活動的なので、やはり主流かと思いますが、
TPOに合わせて、よりオシャレをしてもいいですよね。

今度、欧州で真夏の音楽祭の予定があるのですが、イブニング・ドレスを着るべきでしょうか?

3

ゆかた  アオザイ

Rei Kosugi 05/06/01 15:33
EUCOさん こんにちは
どんな音楽でしょう
クラシック? ジャズフェスティバル? 
今年の欧州は暑くなるのでしょうか?

キリッとユカタ姿で街を行けば衆目で気合が入って
暑さを忘れられるかも

4

ゆかた

EUCO* 05/06/01 15:55
アーティストがヨーロッパ各国から集まるようなクラシックの音楽祭なんです。
そして暑いところらしいのです。
モンテネグロという旧ユーゴの国のリゾート地。(アドリア海を挟んで、イタリア中部と同緯度)
でも、21:00から始まり、深夜もやるという状況なので、暑さはいくぶん和らいでいるのではないかと思えます。

ユカタですか。
チャイナ・ドレスもあるけど、やはり日本人だし・・と考えていたところでした。
アオザイも同じ問題が。
ゆかたならその点、問題ないですね。

昨日、ウェブやお店でドレスを見て来たのですが、肌の露出度に限らず、ちょっと勇気がいるな~という感じでした。
行ってみないとどんな感じかわからないところもあって、選択がムズカシイです。

ユカタ・ドレス、考えてみましょうかね・・・
皆で着ればこわくない、ですけどね。。。

6

ゆかたは…

めろんかも 05/06/01 19:51
こんにちは。
どうしても気になって書き込んでしまいました。
イブニングドレスを着ようかしらという場にゆかたでいらっしゃるのはお止めになったほうが…。
ゆかたって和服ではあるけれど、超カジュアルなもの。
日本の新婚さんがリゾートやクルーズでゆかたを着ているのを見たことがありますが、
それがある程度フォーマルなお店や席だと、あらら~(--;)。
みなさん日本国内だときっとそんなことなさらないでしょうに。
外国人には着物のことはわからないからという方もいらっしゃるかもしれませんが、
コットンの平織りの着物は知らない者が見てもサンドレスのようなくだけた印象を受けるように思います。
もし、イブニングドレスがふさわしい場であれば、きちんとした夏物の着物が良いと思います。
ジャズフェスティバルならゆかたもいいかしらと思いますが。

7

Re: ゆかたは…

EUCO* 05/06/01 20:06
こんにちは。
同じような内容でコメントを書いていた途中でした。
ふさわしいのはやはり正式な着物でしょうね、と。
でも、気楽な(?)一人旅なので、これもちょっと非現実的なのですよね、着付けの問題とかありますし。
どんなものを着るべきか、それとなく他の参加者に聞いてみることにします。
ちょっと距離があるもので、なかなか簡単には聞きにくくて。

10

同感です

グラツィア 05/06/02 09:37
ガラ・ディナーのときなどは、正装をすべきですね。
クルーズだと、クルーが踊ったり歌ったりするお祭りのようなカジュアルディナーもあり、
そんなときに私はゆかたを着ます。
正装のきもの一式は重くて旅に持っていく気になれませんので、
それなりの華やかなドレスを持って行っています。

16

Re:ユカタ???

三葉虫 05/06/03 06:43
ユカタ・・・って「浴衣」でしょう?

17

ゆかたと着物

EUCO* 05/06/03 07:59
漢字で書くと浴衣ですね。
実際、日本の宿などに置いてあるのはいかにもそんな感じのものですよね。

でも、夏祭りや花火大会に着ていくようなものは、色や柄もいろいろとあって、
日本でも外出(社交?)着として通ってますよね。

外国では日本の細かいしきたりは知らない人がほとんどでしょうから、どんなところでもゆかたで問題なく、
日本の伝統的な着物として一目置かれたりするのかもしれません。

でも、ある程度の場を思うと、西洋のしきたりに素材的にそぐわないし、
着るなら正式な着物がいいですよね。

18

ユカタでオシメ!

三葉虫 05/06/03 16:53
>外国では日本の細かいしきたりは知らない人がほとんどでしょうから

先日、こんなことがありました。

ベトナムであるツアーに参加した時のことです。
乗り合わせた中にフランス人のご婦人がいました。
他に日本の若い女性も。
その女性はTシャツを着ていて胸にフランス語が書かれてありました。
ご本人はフランスに行った時に買ったTシャツと自慢げな顔で・・・。

フランスの方がその女性に対して「英語は理解できますか」と、女性は「少しわかります」。
フランスの方は、その意味を英語で説明してましたが、女性は何のことやらさっぱり英語を理解できない様子。
傍で聴いていて恥ずかしくなりました。
その内容はここで書けば削除されてしまうような性的なものでした。

当の本人は書かれてある意味も判らず英語も判らなかったために恥ずかさも感じない様子でした。

「知らない人がほとんど・・・・」と思っても実はこのようなこともあるものです。

そういえば、昔々うちのおばあちゃんが浴衣を寝巻き代わりに着てたのを思い出しました。
それと、浴衣をほどいて孫のオシメを作っていたことも・・・。



19

やっぱり、書いてある意味ぐらいは知っておかないとね。

EUCO* 05/06/03 17:34
まぁ、海外で無理してまで浴衣を着ることはないですよね(笑)
私は日本でも着ませんし・・。
実はコメントした後、日本人から教わって、結構日本の常識を知っている外国人も多いことだろうと思っていました。
そういう人から見ると常識はずれた日本人は気になるかもしれませんね。

例は微妙に当てはまりませんが、ま、おっしゃりたかったのでしょうね(笑)

20

三葉虫さんへ

EUCO* 05/06/03 18:07
私の発言に対するコメントとして成り立っておらず、不快な感じを覚えましたので
今後私へのコメントはご遠慮ください。

38

ゆかたも着付け次第

じゃす 05/08/17 02:28
旅の服装は、いろいろ考えてしまいますよね。
実際、考えている時が一番楽しいのかもしれませんが、
荷物の用量などもあり悩むものです。

さて、今回7月中旬~8月上旬の欧州→中近東の旅では、
レセプションなど出席のため、ゆかたを持参しました。
シルクのドレス数点も持って参りましたが、
実際には、着付けをフォーマル的にしたゆかた
(長襦袢替わりになるような上だけの襦袢に襟芯を入れ、
白足袋、帯〆飾りで使用)で対応いたしました。

全てのレスポンスを拝見していませんが、湯上がり着の
ように見せない着付けをしっかりすれば、下手なドレスを
着るよりも、見栄えがしますし、話題の提供にもなります。

もちろん柄行などは、適当なものを選択する必要はありましょうが。

ご参考になりますか。



22

漢字Tシャツ大流行?

旅クマ 05/06/03 18:25
昨夏、スペイン北部のバスク地方に行きました。
日本人は見ない割に、漢字のTシャツを着ているバスク人は
ちらほら見かけ・・・危うく本人の前で、笑いそうになりました。

 風林火山
 天変地異
 東西南北

この手の四字熟語が、前後に丁寧に書いてあり、本人はうれしそうに
着ていましたから・・・

意外に、小学校1年程度で習う、単純な漢字は、見た目理解出来る
ヨーロッパ人は増えつつあります。

 「油断大敵」

29

四字熟語≒4 letter words?

Rei Kosugi 05/06/06 08:57
新しい巣穴は慣れましたか?
私は迷ってばかりです。

隣の芝生か、人間のさがか、エキゾチックなものに憧れるのは
人間には雑種強勢の本能がセットされれているようです。
近親相姦は×とかハーフがイケ面に見えるとかの延長線上の話ですね。

4 letter ではありませんが 私の失敗(?)談を一つ。
最近又、ゴロゴロ言っているセントへレンズ山は
1980年5月に大噴火しました。
私がその後シアトルへ行った際に肌寒かったので
"Official St.Helens Inspection Team" というロゴの
入ったフリースのトレーナーを買いました。

私は山にも登り、木の仕事をしていますので会う人毎に
「噴火後の植生調査チームですか?」と訊かれました。
しかし、あるときシアトルに留学している日本の研究者が
「ははは」と指さしてその良く出来たJokeを教えてくれました。
「OhShit!」

が、その時までも後も長い間アメリカ人でもそのことに
気がついた人はいませんでした。

それ以降は、"Well-- Actually This means OH..."とやると
確実に爆笑を誘いました。

良く出来たデザインでした。
そして彼は鋭い人だと見直しました。

「無知蒙昧」

23

アレルギーにて

EUCO* 05/06/03 18:48
>「知らない人がほとんど・・・・」と思っても実はこのようなこともあるものです。

やっぱりここでこういう引用になるのはおかしい。
私の文にコメントをつけるなら、もう一度、私の文章をよく読んでからにしてください。
残念ですけどね。

24

安全ですか

みっち 05/06/03 23:09
音楽祭にはお連れはいらっしゃいますか?
旅行自体は一人旅なんですよね。
音楽祭は深夜にまで及ぶと書いてありますが、服装も悩みどころでしょうが、安全面気をつけてください。
開催地の治安がどんなもんか全く知りませんが、あまり肌を露出するような服やターゲットになりそうな派手な服装は私だったらしないとおもいます。
どうか気をつけていってらしてくださいね。
いい思い出となるといいですね。

31

安全第一

EUCO* 05/06/06 23:05
そうですね、私もいつも安全第一(工事中..)なんです。
行くところは、治安も悪くなさそうなリゾート地というイメージなのですが、
宿泊施設から会場までの距離や、タクシー利用も出来るのかなど、まだ謎が多いのです。
現地では誰かいても、仕事で忙しいでしょうからほとんどあてにはなりません。
関係者に相談したのですが、まだ早過ぎて考えていなかったようなんです。
でも、なにぶん旅行者なのだから、カジュアルなものでいいのではないでしょうか?という話でした。
まぁ、結局、少しお洒落な程度の服を選ぶことになるのでしょう。

いつもの'無難'から、ちょっと思いを馳せてみたかったのですが、
思わぬ方向に話が行きそうになって、ちょっと大変でした(~~;
ただ、色は赤,白,紺、黒?と迷います。やはり無難なのは黒なのでしょうか。
私は普段、黒はほとんど着ないので、これだけで非日常になるのですよね。

わたくしごとの退屈なお話にお付き合いくださりありがとうございました。
みっちさんも旅行を控えてらっしゃるとのこと、気を付けて行ってらしてくださいね!

35

ちなみに

EUCO* 05/06/08 12:30
赤もほとんど着ません。
別に、聞いてないですか・・

30

旅で会った華のこと

Rei Kosugi 05/06/06 10:24
EUCOさん こんにちは、
元はといえば、私が紛らわしい書き方をしたのが
いけなかったのですがけど、それも話の流れを汲んでいれば
判る筈。  そのことは他の人も知っているでしょう。

さかしらな牽強付会に穏やかならぬ心中は お察ししますが
私とてそれは同じです。
パーティなどの日常の会話ではそういう一言を聞こえなかったふり
をするのも粋な振る舞いなのでしょうが、後々まで残るこういう場では
怖いですね。 古生代の黒ヤギさんは悔いてますよきっと。

さて、華の話。

私が、「華」のエッセンスは高質な"sexy"であると感じたのは
30年以上前のアフガニスタンで でした。

カブールで知人の家へ夕食に招待された時、
たまたま、12,3才の 彼の姪が訪ねてきました。
その子はペルシャンダンスを習っているということで
突然、ラジオを付け、音楽にあわせて即興で踊り始めたです。

そのときは私は18才だったからかもしれませんが
    K.O.されました。 

つま先から手の指先まで艶めかしく激しく身をくねらせ。 
強烈にセクシーでした。
先にも後にもあれほどのダンシングは見たことがありません。

ご存知の通り、当時も通りでは女性はブルカ(チャドリと呼んでいましたが。)をスッポリ身にまとっています。
その少女は、ダンスの前も後も大変シャイで
私はその二つの落差にも唖然としました。

そして、知人の奥さん。
これがパシュトゥーン人の大変な美人です。
その精悍な姿容での嫣然とした立ち振る舞いに加えて
も一つ驚いたことはそのカカア天下振りです。

イスラム世界の男女の粋と華は我々の窺い知れない
強い長い両軸でバランスしているのだと近頃になって
判ります。 彼らはsexyです。
それは性→生と繋がっていることだと思います。
粋や華が褪せてゆく社会というのはつまり
人間(=生物)にはついて廻る生も死も
身の回りから遠ざけられた世界ではないかと考えます。

だから、旅に出てそれを再発見したりするのですね。







36

Re: 旅で会った華のこと

EUCO* 05/06/09 20:18
こんにちーわ。

私には思い当たりがなかったのです。
ムシの居所とかもあるのかも知れず、よくワカラナイ。

なんだ、牽強付会だったのですか。
(て、はじめて聞いた日本語ですが。
けんきょう-ふかい 自分の都合のいいように強引に理屈をこじつけること。三省堂「大辞林 第二版」より
まぁ、なんだかRei Kosugiさんをコトバにしたような4文字熟語!?)

そうですね、「華」のある人=Sexyな人ですか。
男の人でもいますよね、華のある人。
私もセクシーな人は好きですよ。
でも、何をどうSexyと感じるかは人それぞれなんじゃないかと思います。
思うところはあるけど秘密。

ReiさんもSexyですよね?
Reiさんには身体を感じることがあるのです、文章でも。
文章がセクシーなのかな?
男のロマンが売り!(ガハハ)
ま、一度HPでお写真見たせいかもしれませんけど。
やっぱりSexyなのは身体かな?
というか、その人全体かな?
どことない雰囲気とかもあるのかもしれない。

旅先でセクシー?出会いたいものですね~(笑)

37

板で逢った華

Rei Kosugi 05/06/10 05:51
EUCO様 再びこんにちは
それを聞くと、妻や娘達はきっと笑い死にするでしょう。
自他共に認める無粋の極にいる私です。
今朝も、イソイソと買物に出る彼女らに
「よくまあ、毎日買う物があるねェ。まとめて買っとけ」
と言うと、つめた~い視線の矢がブス^と…

新しい板をブラついてみると景色は一変。
先月まで真ん中にあったラウンジは地下の片隅に
追いやられているし、
誰も入らず蜘蛛の巣が張りそうな
小房があちこちに出来てるし、

「ラウンジが狭いんなら、出前ラウンジだ!」と
真新しい店の壁に落書きのつもりで書いたトピです。
柄に合わず、風向きもあやしいのでこの辺でお開きにします。

私がこの板を訪れるようになって一番「華」を感じた女性は
たろちんさんでした。 彼女が居るトビはパアッと明るく楽しかったです。
又放浪に出たか、日本に帰ってきたのか、 
縁あれば何時か何処かで出会ってみたい気がします。


5

食事用の洋服

グラツィア 05/06/01 19:27
Rei Kosugiさん、こんにちは。

> ロングスカートでシャラン^と優雅に歩いてくる見目麗しきご婦人が…

ロングスカートは着用できても、優雅に歩くのは私には無理でしょうねぇ・・・
でも機内での長時間の着席や、トイレ利用にはスカートの方が便利なので(ああ、こんなこと書くと優雅とは対極の話ですね)、
旅行用の洗えてすぐ乾くスカートを履いていくことも多いですよ。

旅行中は、いいレストランに入るときにそれなりの服装をするのはもちろんですが、
軽く食事をしに行くときも、ちょっとおしゃれな感じになるような洋服を持って行きます。
もちろん靴も。(たいてい靴より嵩張らないサンダルですが)

女性用は、薄くて軽くて旅行に向くおしゃれな洋服がいろいろあるので便利です。
優雅とはいかなくても、がさつなおばちゃんには見えないだろうと思っていますけれど…

クルーズなど、荷物を持って移動することが多くない旅行では、ゆかたを持っていくこともあります。
やはり注目されて、写真を撮らせて、と言われることも多いですね。

8

粋なキルト姿

Rei Kosugi 05/06/02 03:53
先月、ナイアガラで見かけた一カップルの装いに
ちょっと関心しました。それがトピの伏線だったのですが、

女性はジーンズとシャツ(?忘れた。機会があり採用されたら
ページトップのトラベル写真に出ます。)

男性がキルト姿でした。 颯爽として なかなか粋にきまってました。

ハレとケの境が無くなっていく現代ですが
粋や華を忘れてはいかんなあ、旅でもと思った訳です。

9

その時に

ギャンブル 05/06/02 08:33
Rei Kosugiさん、おはようございます。

面白いトピを立てられましたね。

>添乗員ひきいる日本人の熟年の一団が・・・・・

「ユニフォーム」のように似通っているのには
思わず苦笑いといったところでしょうか。

私はそんなにセンスもよくないオヤジですが
ビジネス込みのたびも多いのでTPOを考え
多少の「+アルファ」を考えます

その分荷物は・・・・・・

でも「粋」はむずかしいですね。
「野暮」と「ゲテ」のわずかな隙間のようで・・・・

日本では逆に「秘すれば花」というのもあります

ところでRei Kosugiさんはその時どんな服装だったんですか?

13

透明人間でした

Rei Kosugi 05/06/02 16:32
ギャンフブルさん 痛いところを衝いて下さるな。

Levisの半袖シャツ+Leeの綿パン+ハイキングシューズという
黙ってじっとしてれば誰にも気付かれない、
粋でも華でもないナリでしたよ。

紺屋の何とか、
ガラにもないトピ立てたもんだと後悔しております。
粋も華やぎも第三者の願望です。

華はまあ女性の独壇場として
ここは粋の話を。

若い頃は「活き」のよさが装いや物腰にも自と表れて
それが粋の実体なのでしょう。

年輩者の粋というのもある。周恩来やクリストファー国務長官
吉田茂なんかはの振る舞いは報道で見ていても
マスコミのいなし方とか粋なところがあった。

これは「活き」というより「生き」方そのものですね。
壇上に詰め寄り野次る野党議員にコップの水をブッ掛けたり
「バカ野郎」で国会を解散させたり。
年取ってからの粋は装いで出せるものではありません。

男の粋は野生とGentlemanの間にあるのではないでしょうか?
某外交官はダンディでだれが見てもGentlemanに見えたが
如何せん吝嗇であった。
チップなんか目が点になるような置きかたをする。
実業界でもそういう人はいる。粋以前の問題だ。
どんなに貧乏してもああはなりたくない。

沢木耕太郎の「深夜特急」の中のエピソード。
中近東か何処かのバス停にたむろする物乞いの子供に
少ない有り金をためらいなく分けるヒッピーの青年を
目の当たりにして彼が自らを愧じる場面があった。
私は「粋」と感じました。

15

イキざま

ギャンブル 05/06/03 01:08
Rei Kosugiさん、今晩は。

>Levisの半袖シャツ+Leeの綿パン+ハイキングシューズ・・・

やはりそんな感じでしたか(笑)
勝手な想像で失礼かもしれませんが
何かRei Kosugiさんにフィットして似合っているような気がします。

日本では「衣替え」となり一斉に夏服へですが
政府の旗振りでまたまた以前あった省エネルックのようなものが
登場しました。

当然のごとくみられたシロモノではなく・・・・
「華」とか「粋」とは無縁ですのでどうなることやら。

「粋」について少し考えると生き方若しくは生き様に行き着き
そこから派生する雰囲気や立ち振る舞い、服装にある種の「味」を
感じるのではないかと思います。

海外を旅するとバーやカジノ、あるいはリゾートで
「粋」なご老人に出会うことが多いです。

残念ながら日本国内では天然記念物並み出会うことは稀です(涙)
若さあるいは病気自慢、単なる長生き願望・・・何か浅薄な感じです。

私自身もわが身を振り返れば浅墓な感じなので
せめて「一夜干」ほどの「味」がでればと思っています。

11

Re: 粋や華

ほあきんぷじょる 05/06/02 14:26
Rei Kosugiさん、こんにちは。

装いというのは、結局、考え方や生き方が現れるものなのでしょうね。
「日本人の熟年の一団」が皆似たような格好、というのも、何かあるのでしょう。

私は、あまり目立たぬようにしているつもりですが、
どこかに、気を配っている、という気配は残したいと思っています。
うまくいっているかどうかは、分かりませんけれど。

でも、時々熟年おばさまで、とんでもない格好をしている人がいます。
ショッキング・ピンクや、真っ赤や、フリルたっぷりとか、けばけばしい柄とか、
日本では絶対着ないようなものを着て、実に目立ちます。
日ごろ着ている格好なら、ああも不自然には見えないでしょう。

興奮状態で、声高で、
非日常とはいえ、こちらが恥ずかしいです。

12

パンツスタイル

風鈴 05/06/02 15:18
Rei Kosugiさん、こんにちは。

私は普段からパンツスタイル(ジーンジですが)なので、
旅行でもパンツスタイルです。
豪華ディナーなどドレスコードの要るような場所は、
基本的に苦手で慣れてないので、旅先でも行かないです。

>向かいのゲートには添乗員ひきいる日本人の熟年の一団が、
>女性の方々皆様やはりパンツルック、歩きやすい靴、帽子、ベスト
>添乗員の女性はグレーのスーツといういでたち。

日本からのツアーは移動が多いので、そのようなスタイルが
多いかと思いますし、普段スカートばかりはいている子が、
旅行になると、動きやすいパンツスタイルになることも多いです。

他人のスタイルで驚いたのが、白のフェイクファーの帽子、
水色地に派手な柄のブラウス、真っ赤なパンツ、その裾から見えた
カラフルな色のボーダーの靴下(色の配置が左右若干違う)、
ピンクのフェイクファーのバッグというスタイル。
勿論、このような着こなしをするのは『大阪のオバチャン』です。
これが大阪なら、ま、いつもの光景なので、さほど驚きもしませんが、
日本が冬の時期とはいえ、見た場所はプーケット空港です。

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ