海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >イタリア >テーマを特定しない >展示情報とES*など

展示情報とES*など

こんにちはゲストさん

 ローマ・大統領府そばのスクーデリエ・クィリナーレ/ Scuderie del Quirinale で
シチリア生まれの " Antonello da Messina " 展を開催中。
 シチリア州立美術館の目玉,「受胎告知のマリア」別名「青いベールの女」や
フィレンツェ・ウフッツィの「聖母子」シラクーザの修復なった
「受胎告知」など彼の作品展。聖サバスティアーノ(独)など米・英・欧からも出品。
 6月25日まで。日-木 10:00-20:00 金・土 10:00-22:30
当然,「青いベールの女」は期間中,パレルモでは観られないのでご注意を。

 カラッヴァジォのローマ・バルベリーニ宮国立古典絵画館蔵
「フォロフェルネスの首を切るユディット」
ドーリア・パンフィーリ国立絵画館「悔悛のマグダラのマリア」は
アムステルダムでの " Rembrandt Caravaggio " (6月18日まで)出品のため,
巡業?に出かけ,不在です。
 上記が行われるヴァン・ゴッホ美術館には有名なチビって泣くガニメデなど
レンブラント作品も秀逸なのが展示されるようです。

 フィレンツェ・バルジェロ国立博物館ではジャンボローニァ/ Giambolognaの
作品展が6月15日まで。
彫像・青銅蔵やワックスの雌型などを国内外から集め,展示。
第2,第4月曜とメーデー休館。8:15-18:00


 ナポリ・ローマ間に新たにエウロスターAVが4月から運行。
今までの ES* に比べ,同じ ETR500 型ながら2割ほど所要時間短縮。
車内天井モニタ,Wi-Fi や2等でもドリンクサーヴィス実施。
 但し,料金が今までの ES* に対し,5割ほど高額。
切符購入時にダイア確認とあわせ,Eurostar Italia か Eurostar AV かも
再確認を。
  
  
 さらにマイナー情報。
 ヴィッテルボから約25km。トゥスカニアにあるエトルリア時代墳墓,
「女王の墓」は一部紹介に毎日公開,と記述がありますが
現在は土・日のみの公開。無料。
  

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

11件中1-11を表示

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

展示情報とES*など

CosiCosi 06/04/28 21:26
 ローマ・大統領府そばのスクーデリエ・クィリナーレ/ Scuderie del Quirinale で
シチリア生まれの " Antonello da Messina " 展を開催中。
 シチリア州立美術館の目玉,「受胎告知のマリア」別名「青いベールの女」や
フィレンツェ・ウフッツィの「聖母子」シラクーザの修復なった
「受胎告知」など彼の作品展。聖サバスティアーノ(独)など米・英・欧からも出品。
 6月25日まで。日-木 10:00-20:00 金・土 10:00-22:30
当然,「青いベールの女」は期間中,パレルモでは観られないのでご注意を。

 カラッヴァジォのローマ・バルベリーニ宮国立古典絵画館蔵
「フォロフェルネスの首を切るユディット」
ドーリア・パンフィーリ国立絵画館「悔悛のマグダラのマリア」は
アムステルダムでの " Rembrandt Caravaggio " (6月18日まで)出品のため,
巡業?に出かけ,不在です。
 上記が行われるヴァン・ゴッホ美術館には有名なチビって泣くガニメデなど
レンブラント作品も秀逸なのが展示されるようです。

 フィレンツェ・バルジェロ国立博物館ではジャンボローニァ/ Giambolognaの
作品展が6月15日まで。
彫像・青銅蔵やワックスの雌型などを国内外から集め,展示。
第2,第4月曜とメーデー休館。8:15-18:00


 ナポリ・ローマ間に新たにエウロスターAVが4月から運行。
今までの ES* に比べ,同じ ETR500 型ながら2割ほど所要時間短縮。
車内天井モニタ,Wi-Fi や2等でもドリンクサーヴィス実施。
 但し,料金が今までの ES* に対し,5割ほど高額。
切符購入時にダイア確認とあわせ,Eurostar Italia か Eurostar AV かも
再確認を。
  
  
 さらにマイナー情報。
 ヴィッテルボから約25km。トゥスカニアにあるエトルリア時代墳墓,
「女王の墓」は一部紹介に毎日公開,と記述がありますが
現在は土・日のみの公開。無料。
  

2

展示情報とES*など その2

CosiCosi 06/04/28 22:55
  " Antonello da Messina " 展の展示情報追加。入場10ユーロ

http://www.scuderiequirinale.it/
http://www.mostraantonellodamessina.it/



 ヴェネツィア派のティツィアーノをメインにした展示。
カポディモンテ国立美術館で開催中。
この展示も米・英・欧やイタリア内から多数が出典。
ラファエロは素描のみだが,作画様式変化の激しい
ティツィアーノの流れや人物描写,ときには観にくいほどの
描き方が実感できる。

" Tiziano e il ritratto di corte da Raffaello ai Carracci "
(ティツィアーノと宮廷肖像画,ラファエロからカラッチ)
3月25日~6月4日。8.30 A.M~7.30 P.M。水曜休み。10ユーロ。

http://www.mostratiziano.it/index.html
  

3

Re: 展示情報とES*など その2

Clio 06/04/28 23:40
情報ありがとうございます。

計画中のシチリア行き、予定がいろいろぶつかって日程を取るのが難しく、どうなるかわからない状態ですが、しかし、とりあえず伺っておいてよかったです~!
やっぱり行こう!と思い立ってでかけた挙句、お目当てのひとつが“巡業中”では、ちょっとショックが大きすぎますもの。


ティツィアーノは、一昨年夏、エジンバラで出会いました。
メッシーノもまたどこかでめぐり合えるのを待ちます。

4

Re^2: 展示情報とES*など その2

CosiCosi 06/04/29 01:32
 お役に立ってなによりです。
パレルモ,知る人ぞ知る「お玉」像はいかが?
明治期にお雇い彫刻家として来日したラグーザに師事し,
彼についてパレルモまで行った女性画家です。
パレルモ近代美術館に彼女の油絵とともにあります。


●追加情報

 フィレンツェ・ピッティ宮とシェナのドゥオーモ,
いずれも前面を覆って修復中で望めません。
  

5

Re^3: 展示情報とES*など その2

Clio 06/04/29 02:01
そうか~ 清原玉さんでしかしら、そう言えばシチリアでしたね!
TVで特集番組みたいなのを見たことがあります。

また、ひとつ、訪ねる楽しみがふえました。ありがとうございました。


いずれにせよ、美術品の“巡業”は難物ですよね。
私は日本でもよく○○美術館展とかにまいりますが、いつも、ああ、今○○美術館に行った人はこれが見られないんだな、と思います。









6

Re^4: 展示情報とES*など その2

CosiCosi 06/04/29 03:07
 ポリテアーマ劇場2階の近代美術館の彼女の絵は清原玉でなくラグーザと結婚後の名前,
Ereonola Ragusa(綴りはこれでいいかと?)になっているのでご注意。
 石膏のお玉像は後世の着物襟部分補修がぞんざいです。
 
 尚,夫死後かなり経った晩年,日本へ帰国。夫の作品共々
東京芸大にも寄贈。その石膏像を元にした同じような銅像が
東博ロビーにもあります(これも別作品ながら,襟の破損部分あり)
  

7

Re^5: 展示情報とES*など その2

Clio 06/04/29 18:43
CosiCosiさん、細かいことにまでご注意をいただいて本当にありがとうございます。
実をいうと、ここまでは気がまわっていませんでした。
本当に感謝です。


あ~  今の悩みはとにかく休暇を取るのに四苦八苦していることなのです。
それにしても、本屋さんでだいぶん立ち読みしましたが、一般のガイドブックではシチリアの扱いは案外(?)小さいですね。

9

Re^6: 展示情報とES*など その2

CosiCosi 06/04/29 21:02
 やっと昨夏の自分のリポートを見つけました。
 
http://bbs.arukikata.co.jp/bbs/tree.php/id/13761/-/parent_contribution_id/13752/

 ここで書いたサン・チータ及びサン・ドメニコ祈祷堂は
歩き方ガイドブックでは「閉鎖中」とありますが,
再公開されています。
 セルポッタの音楽が流れるような作品もどうぞ!
  
 ではでは。
  

11

Re^7: 展示情報とES*など その2

Clio 06/04/30 02:42
またまた、興味深い情報をありがとうございます。


CosiCosiさんのこのレポート、思い出しました!
確かこのときは、こちらが全然勉強していませんでしたのでしたのと、当分行く予定がないのとで、拝読しても把握しきれないまま、また行くときに見ましょう、とか思ってお気に入りに入れてしまって、それきりになっていたのです。
........申し訳ないです。


今あらためて読ませていただきますと、いろいろ面白い発見があります。
....特に、美術品はやはりCosiCosiさんも何度か足をはこばれたりしていらっしゃいますよね。
なかなか一筋縄ではいかないものなのですね。


でも、絵画は、いずれ日本でも見られるかもしれなくても、祭壇画などは現地でなくては見られませんよね。
セルポッタも見たい!


当初の予定どおり、再来月の後半にでも出発できればぶっつけ本番!という感じですが、行き損ねて後日、ということになりますと、それまでにゆっくり計画を熟成(??)させることができます。
(つまりどんどん計画がふくらんでしまうということと同義?)
ま、どちらも良しとしようかしら。



CosiCosiさんの記録、ほかの部分もこれからゆっくり読ませていただきます。何度もありがとうございました。

でも、CosiCosiさんのレポートを読んでいると、本土の方まであきらめきれなくなるからちょっと目の毒ですね!






8

展示情報とES*など その3

CosiCosi 06/04/29 20:41
 地球の歩き方ガイドブックなどに紹介のナポリ方面利用に
便利なアルテカード。

 その内,カンピ・フレグレイ地域を訪ねるときに
重宝していた金曜から日曜日に運行のアルケオブス。
現時点で運行停止状態。再開は未定。
 尚,ところによっては停留所標識を撤去済み。

 
 メトロ・デル・マーレ MM1 は6月1日から運行。
  
  

10

メッシーナ展魅力的です。

ワールドトラベラー 06/04/29 23:03
日頃、旅行と展覧会を調整して回っています。

5月に現地滞在3日で
バーゼル:ホルバイン
シュトゥットガルト:モネ
ロンドン:ライスダール、ミケランジェロ
アムステルダム:レンブラント、レンブラント
と見てきます。

メッシーナの展覧会は魅力を感じますが日程変更が難しく断念となりそうです。イタリアの展覧会情報は他国に比べホームページの充実度が低く、後になって悔しい思いをすることが多いです。

メッシーナ展は事前に情報をつかんでいたのですか。
また、情報収集に使えるサイトがありましたら、どなたかお教えください。
よろしくお願いいたします。
  • 1

ツリー表示

時間順表示
タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ


イタリアのツアー最安値

イタリアのおすすめホテル