海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >イタリア >旅程・行程・旅のスケジュール >北イタリアの小さな町 >第2次でなく、1次大戦の結果です

第2次でなく、1次大戦の結果です

こんにちはゲストさん

一部、勘違い、思い違いされているコメントがありましたので、ひとこと。

私は地理的人間で歴史は余りくわしくないのですが、第1次大戦での話です。古い話なので、大戦といえば大半の方が生まれる前の第2次を連想するのが普通ですが。

1次では伊は日本と同様、英仏、米側だったのではないかと思います。

独側はオーストリア(ハプスブルク帝国)、オスマン帝国などだったかと。敗戦で両帝国は解体され、オーストリアは今の領土だけに?、その際チェコスロバキアやハンガリー、ルーマニア、旧ユーゴなどは独立して、南チロルは伊に割譲だったかと。

メラーノのホテルの主は独名のメランは・・・と決してメラーノとは言いませんでした。イタリア人とは言わず、イッヒ・ビン・ティロラー(私はチロル人)とチロル人を名乗っていました。国籍は変わってしまったが、本当はオーストリア人でいたかったのだなと感じました。

ドイツ語系は伊では当然、超少数民族ですが、どこでも少数民族はいいというか、親しみを感じますね。台湾にはまったのも少数山岳民族との出会いですし、中国も少数民族の地はどこもいい思い出があります。言葉(中国語)の関係で、東南アジアはシンガポール、マレーシア止まりで、他はどこも最低一、ニ度は行ってますが詳しくはありません。
ルアンパバンでラオス人にモン族は顔が日本人に似ているといわれたせいか、なぜかうまがあい、値切りもちょっとまけてもらう程度であまりできませんでした。

伊は見どころが欧州一多いと思うので、伊旅行でドイツ語圏・南チロルまで足を延ばす人は数えるほどでしょう。ドロミテが世界遺産になってから、ドロミテだけは増えてるようですが。

やはりオーストリア旅行でチロルから足を延ばすほうが可能性が高いようです。私もチロルの谷を制覇する途中で、谷の最奥まで行ったら伊との国境で、バスを乗り継いだらメラーノだったという出会いで、伊に割譲されるまではメラーノがチロルの都ということを知りました。

高台にドルフ・チロル(チロル村)というチロルの発祥地もあります。アルプスが聳える、本場チロルより美しい村で観光化されたオーストリア側チロルよりいいかも。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

20件中1-20を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ


おすすめ旅行用品

イタリアのツアー最安値

イタリアの現地ツアー

イタリアのおすすめホテル