海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >イタリア >テーマを特定しない >年末年始のイタリア >日本人には不便

日本人には不便

こんにちはゲストさん

だと言って過言ではないでしょう。

(1)は一般商店>レストランで、
開店しています。前者は、通常の休み
(日曜日祝日と月曜の午前)ですが、後者はクリスマス
休暇に突入しています。ですから、店を選ぶ、または
目当ての店に行くのは、諦めるべきことが少なからずあります。
曖昧な表現なのは、地域や対象とする客層、ランクなどによって
変わるし、何よりも各論の世界なので、一概には言えないのです。
基本的には、地元民向けの店はしまっていることが多い。
特に、24-26日と31日の夜と1日は壊滅状態と思っておくべきでしょう。
31日はパーティー形式で、予約客のみ。年明けまで食事が続くので、
正直言ってつらいものがあります。

今年のカレンダーをみてみましょう。
23日が日曜日なので、23-26日までは商店はほとんど休みでしょう。
30日が日曜日なので、31日午前中休みで、一日中休みになる可能性が大。
と言うことは三日間休みになる可能性が高い。24と31日は、午後から休みになるの
ですが、月曜の午前中休みがどう影響するか。基本的に休もうと言う傾向が
強いので、連休になる店が多いはず。

参考になるのは、
mobile.rinascente.it/mobile/it/ipad/home
ですが、流石に早過ぎますね。年末に近づくと告知されます。

(2)も良くないですね。
地中海から半島を伝わって雨雲が大陸に侵入します。
これがシリチア北を横切れば、この島は晴れますが、南下すればここも雨。
ミラノは霧か雨で、雪にもなります。海は荒れているので、漁もできない。
魚市場に行っても、冷凍物しかなかったりします。

運次第ですが、晴れれば幸運と言う程度。

(3)幹線はまず大丈夫。空路もOKです。
しかし、ローカル線は、運休または代行運転になる傾向が強い。
厄介なのは、情報が海外からでは得られないこと。バス停に一枚の張り紙が
あるのみということも多い。当然、イタリア語だけなので、まだ、バブル崩壊後の
日本人観光客がブランド品漁りをしていた時代に、この張り紙が読めず、待てども
来ないバスを待ち続ける日本人観光客が’揶揄されている記事が出ていました。
反発くらっていたのでしょうね。

一番、”被害”少ないのは、観光で喰っているヴェネチアでしょう。

今年は、日が悪いですね。私なら避けます。イタリアは。
直前にならないと、休みも確定しないはずです。

2

< 前の回答
通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

13件中1-13を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック




イタリアのツアー最安値

イタリアのおすすめホテル