海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >デルタ航空は最悪-ロストバゲッジの巻 >デルタ最悪

デルタ最悪

こんにちはゲストさん

私が今年の3月24日HNL~NRT間をデルタ航空に搭乗したときの状況。
ETD0920のため2時間前の0630にHNL空港に到着、問題はその後発生した。

1 30分遅れでの機内への案内はよくある話で、そのときはまだ多くの乗客にも笑顔があった。
  しかし10時を過ぎても出発の気配はなく、何故か地上にいるはずの整備員が汚い作業服のまま乗り込んできて、最後部の客を移動させて、座席の一部をはぐり、床下の系統を何かごそごそ直している。異変を感じて、窓の外を見ると左主翼端から液体がじゃじゃ漏れ。翼下には大きなドラム缶が5,6個並べてあり、落ちてくる液体を受け止めている。さらには消防車が2台そばで待機している。燃料漏れ?

2 1時間後「トラブルがあり、少し離陸が遅れる」の英語と日本語の説明。客はまだ異変には気づいていなかったが、機内に乗客を乗せたまま、燃料漏れの修理を平気で行うことに私は強い不信感。また、この出発時点での燃料漏れは、例え漏れが止まったとしてもこの機体を使うのはいかがなものか、代替機の手配の必要性を直感。

3 機長らしき人物が操縦席からやって来て、窓の外を眺め、CAと談笑。
B-767の構造など知る由もないが、彼らの説明(日本語の説明なし)では「Fuel Dump Valve Trouble」。うん、確かにそこは燃料放出口だが、それを止めようとして止まらないのは小さなトラブルなのか?燃料はじゃじゃ漏れの状態でかれこれ2時間近く経過している。エプロンはもう油浸し?の状態。

(その2へ続く)

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

13件中1-13を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック