海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >スイス >テーマを特定しない >スイス建国記念日について >カシミールのお話

カシミールのお話

こんにちはゲストさん

スリナガール、カシミールの都ですがきれいなところです。

ムガールの王様が毎年4-5月ごろ・・・そうです ライラどのがお出かけになったまさにその時期に 象に揺られてかの地に滞在した水の都
です。

面白いことに いくつかの王宮後(建物はほとんどなく 主に庭園ですが)にいくと 門があってそこから先は王様とお気に入りのお后?またはそれに準ずる人以外ははいれなかったそうです。

用のある人は門の外で声をかけると 王様または 彼女が楼門の上に現われる仕組み。 まさに ハネムーン状態です。

ここにも彼らのロマンチシズムが感じられます。

砂漠の子等がヒマラヤま近の湖の風物を如何に愛したかがよくわかります。

ところで カシミール紛争はなぜ起こったか・・・。
住民のほとんどがイスラムのここでは当然パキスタンに帰属するはず?だったのですが なんと ネールサンはこの地の 最高位に属するカースト ブラーマンの出身でした。 そこで分離独立のその日 空挺部隊を空から派遣して カシミールの中心部を制圧、インドに中心地スリナガールを併合した・・・のが 永年のモメゴトのほったんとか・・・。

それと やはりあの国はかなりエネルギーがないと 個人旅行はつかれると思います。 三蔵法師だって 孫悟空や猪八戒、沙悟浄なんていう
スーパーマンが一緒にいる必要があったんですから・・・。

もいうひとつ本のご紹介。

講談社の赤とんぼシリーズの インドの神々。 日本の神様との関係などが細かくかいてあって面白いのです。それと あの何とかならないのか・・・とおもうインドの神様の絵姿は 意外と最近のものだとか、
日本で人が死ぬと北枕、つまり北へアタマを向けて寝かせるのは インドのヒマラヤを想定しているのだとか、お墓に水をかけるのは・・・ヒンズー教徒が ガンガーの水をありがたがるから・・・だとか・・・。

いえ 失礼しました。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

18件中1-18を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック




スイスのツアー最安値

スイスのおすすめホテル