海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >イタリア >美術館・博物館 >イタリアの祝日の美術館開館について

イタリアの祝日の美術館開館について

こんにちはゲストさん

これをよく質問されている方が多いですが、聞いても無駄という実話を知りました。

今年のメーデーの話です。場所はミラノの最後の晩餐の修道院。
事前に予約を受け付けていたことから分かるように、開館日のはずだったのですが、実際は閉館だったそうです。その理由は出勤する係員が確保できなかったというもの。
イタリアあるあるな話で、大笑いしてしまいますが、遠くからはるばるやって来た観光客にとっては迷惑きわまりない話です。ゼネストの影響もあったのかも知れませんが、やっぱりこの国はトンデモなことがありますねー。ブレラなど他の美術館はすべて閉館なのになぜ開館予定にしたんでしょう。
そういえばコロッセオなどのメーデーの開館予定を尋ねた方がおられましたが、どうだったのでしょうか。事後報告お願いしたいのですが・・。

話の出所は、JITRA(ジャパンイタリアトラベルオンライン)のメルマガです。全部貼り付けたら著作権がどうのこうのと難癖付ける方が出かねないので、以下一部だけ紹介します。

----------------------------------------------------------------
メーディーの5月1日、ミラノで「最後の晩餐」を事前に予約した人々が
見学に訪れると、なんと「休館」で見学できなかったというニュースです。
「最後の晩餐」見学入り口の前で、「予約して、遠くからこのために来たのに」などとがっかりした表情の旅行客などの姿が映像で流れました。
これに対して、「最後の晩餐」を管轄しているイタリア文化財省の担当者は、「当初は確かに、メーデーの5月1日も開館予定で予約も受け付けた。ところが、祝日のパスクアもパスクエッタも、イタリア解放記念日も、なんとか係員を確保できたが、5月1日については係員を確保できず、生憎、休館となった」と説明しています。
そして、「予約受付をしている機関にはその旨を事前に伝えたが、残念ながら、時間も足りずその機関から予約者すべてにその旨の連絡ができなかったようだ」といっています。「予約した方には、払い戻しもします」と。
要は『連休で係員も休みをとってしまったので休館にした』ということで、正直といえば正直な説明ですが、管理能力の欠如にはがっかりさせられます。

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

2件中1-2を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

イタリアの祝日の美術館開館について

Maledetta 19/05/07 01:38
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ


おすすめ旅行用品

イタリアのツアー最安値

イタリアの現地ツアー

イタリアのおすすめホテル