海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >l1011 >短命ではありません

短命ではありません

こんにちはゲストさん

飛行機の経済寿命は20年と言われています。

L-1011の開発中にエンジンを供給するロールスロイス社がL-1011用のRBエンジン開発で多額の開発費のため倒産し、開発が遅れライバルのDC-10に後れをとったのが、躓きの第一歩でした。
性能的にはDC-10より優れていたと評価されています。

1番の要因は大型双発機によるETOPS(双発機の洋上飛行制限)の拡大により3発機の不経済性からです。
3発機なら双発機と違い規制を受けないで大西洋や太平洋を横断出来たので重宝されましたが、エンジン性能の向上により、双発機での長距離飛行が可能になりETOPS拡大で洋上飛行制限が緩和されたからです。

MD-11を見れば一目瞭然です。

DC-10と違い機体構造から貨物機への転用が不向きだったのと、DC-10が航続距離を伸ばしたのに対して長距離性能が不足していたのもあります。
元々がアメリカ大陸横断用でしたので、長距離性能を必要としていなかった。


近場だとBKK(スワンナプーム)にストアされている姿を見ることが出来ます。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

15件中1-15を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ