海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >スイス >鉄道の旅 >スイスの電車のパンタグラフの数 >>係員が長い棒で 電線を持ち上げたり

>係員が長い棒で 電線を持ち上げたり

こんにちはゲストさん

私が幼少の時代の驚くべき実態をご紹介します。

私の生まれた田舎には私鉄電車が走っており、
その電車は、パンタグラフではなくて、「ポール」
というもので集電しておりました。

ポールというのは、屋根に斜めに棒が立っており、
その先端についたローラーが架線と接触するので
す。ローラーには溝が切ってあり、その溝に架線が
はまります。これは摩擦しながらの接触ではなく、
転がり になります。

大問題があります。それは、ポイント部をうまく
通過できないのです。 そのため、ポイントに
来る度に、車掌がロープを引いて、ポールを下げる
のです。

下げるのはいいけど、ポイント通過後、上げるのが
難しい。架線に合うように、ポールを左右に振らないと
いけません。夜など、その間中、停電です。 失敗
すると、火花が散り、車掌の腕前がばればれです。

あせればあせるほどうまく行かず、大変な仕事だった
でしょうね。雨の日も顔は上を向けます。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

47件中31-47を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ


スイスのツアー最安値

スイスのおすすめホテル