海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >スイス >鉄道の旅 >スイスの電車のパンタグラフの数 >新幹線では

新幹線では

こんにちはゲストさん

のりーたさん、こんばんは

これは私からお答えしますね。
新幹線の歴史は、パンタグラフ改良の歴史でもあったのです。
私の先生が国鉄の研究所での委員をしていたため、多少の知識があります。

内蔵介さんのおっしゃるように、架線は硬い金属で作られていて、パンタグラフの架線に接する部分は柔らかい金属で出来ています。それは、架線が削れると、その交換がものすごく大変だからです。すべての給電を停止しなければなりません。それに比べて、パンタグラフの集電部は簡単に交換できる銅板で出来ているので、磨耗したらすぐにそこだけ交換します。上部の溝にはめ込んであるだけですから、車庫ですぐに出来ます。
また、架線は直線ではなく、くの字型に張ってあります。直線で張ると、銅板にすぐに溝が出来てしまいます。くの字に張ってあるために、架線との接触部は右へ左へと満遍なく移動しながら板を擦っていきます。パンタグラフの幅が広いのは、その幅で満遍なく擦るためで、ちゃんと意味があるのです。

それでも、初期の新幹線では一回大阪を往復すると、磨耗がひどくそのたびに交換していたそうです。(私が学生のときのうろ覚えですみません)
それからずっと摩擦との戦いの歴史があったようです。
いかに摩擦を減らすか、磨耗を減らすかが延々研究されてきました。摩擦が少ない合金の研究、金属に油をしみこませて滑らせる研究。専門用語では潤滑工学というのですが、長い潤滑の研究の歴史がありました。
その結果、何回も東京・博多間を往復できるようになりました。(もっと正確な話がJRの方から聞けると良いのですが)

つまり、架線と擦れる部分はしょっちゅう交換しているので、心配はないのですよ。
これで回答になるかな?

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

47件中31-47を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ


スイスのツアー最安値

スイスのおすすめホテル