海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >JALもアイディアで勝負が必要 >Re: 成功例ってあるのでしょうか?

Re: 成功例ってあるのでしょうか?

こんにちはゲストさん

横からスミマセンm(__)m

SQのA340-500がALLフルフラットビジネスクラスでNY(ニューアーク)にデイリーで飛んでいます。

元々、Fクラスって階級制度からくるものですので、(表向き)平等意識の強いアメリカや日本には不向きなものだと思います。

今のビジネスクラスは、Yの酷さを嫌った層に対して中間クラスとして始まったもので、やっぱりFとは違います。
階級制度の根強いフランスではAF、英国ではBAがFクラスを飛ばし続けるのは理にかなっていると言えるのではないのでしょうか?インドの影響を大きく受けているSQなんかもその類でしょう。

日本の場合、江戸時代は士農工商とかありましたが、農民がFやCで商人がYというのも考えにくいので、実際は階級は関係ないでしょう。また、戦後の高度成長以降、1億総中流なる意識があるので、中間クラスが良かったのでしょう。そういう観点から見れば、クラスJ戦略は間違ってはいなかったと思います。
ただ、1億総中流だったのは今は昔の話で、現在この国は世界で唯一のデフレ国であり、国民1人当たりのGDPはシンガポールに抜かれ、過去10年間のGDP成長率はG20で最下位、先進国ではなく後退国です。

JALの場合、海外での投げ売り以上に、政界や業界との癒着もあり、国内線団体料金はすでにLCCの域です。
卸値1万円の航空券のキックバックが8千円。すなわち実勢価格は2千円。これを直販ではできないし、ばら売りのIT運賃も公には売れない。航空行政のツケをもろにかぶって破綻です。
今回の破綻により、行政側の制度改革が進まなければ、JALの再生もないでしょうし、ANAも明日は我が身でしょう。SKYをはじめ、新興航空会社もLCCと呼ぶには程遠い運賃です。
まずは航空行政を改革しないことには、国内線国際線共に何も始まらないと思います。

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

13件中1-13を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ