海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >エアライン(航空会社&航空券) >JALもアイディアで勝負が必要 >成功例ってあるのでしょうか?

成功例ってあるのでしょうか?

こんにちはゲストさん

オールビジネスとかも結局消滅。

JALの場合は、スーパーシートを廃止して、役員、政治家など、特権(意識)
階層が逃げたはずです。その時の議論(好きな連中が勝手にやっていた
だけですが)は、スーパーシート料金を10000円以上にして全席埋めないと
儲からない。その理論が正しいか否かは知りませんが、止めた理由は、
効率が悪いからだと思っています。今のファーストクラスが収益に
どの程度寄与しているかは知りませんが、乗る側としては、機内電源も
ないし、食事は到底価格に見合う物でもないので、あくまで他人との
違いとか、多少の隔絶感を味わえる程度だと思います。

JALの場合、変なプライドだけはあったが、海外では投げ売り状態。
ローマ便なんか団体の収益にならない客だけで埋まっていたそうです。
ビジネスクラスも下げたいが、ブランドイメージに傷が付く、辛うじて
高い金払ってでも乗ってくれる上客まで失いかねないということで、
ビジネス路線でのダンピングはできない。

確かに客単価を上げることが第一ですが、今の価格破壊になれてしまった
客が、はたして飛びつくか。一方で、納豆を60円にさせられ廃業したり、
PB商品を作れば、自社ブランドが売れなくなるということで業績悪化という
泥沼状態。随分前ですが、それまで裕福な層をターゲットに旅行を売って
いたかたが、『今の時代安くないと売れません』と言っていました。
価格破壊が日本まで壊してしまう以前のことです。昨年の文芸春秋にあった
ように、『ユニクロ化で国が滅びる』方向に突き進んでいるとしか
思えない。

と言うことで、先の展望もないし、JALを救済することが正しいのか、
さらに再生することは可能かなど、難しい問題ですが、発想の転換も必要
かも知れません。

近距離はクラスJ程度でも十分です。私は大陸横断の長距離でもない限り、
ビジネスクラスのシートを倒しません。逆に、国内線なら我慢しますが、
国際線のあのエコノミーの狭さは堪えられません。

エコノミーの狭さと低価格化は747の登場と大いに関係があるはず。
この機種の退役を機械に、高品質合理的価格(低価格は必ずしも善では
ないと思っています)というという方向にシフトしても良いのではない
かと思っています。一方で、ぎゅうぎゅう詰めで、機内サービス一切なし、
トイレ使用まで課金する会社があり、一方で、好きなときに好きなものを
食べ、機内で仕事もできる会社もあって良いのではと思います。

中産階級を滅ぼし未来に希望が持てない米国に、我が国が追随する必要はなかったのに。

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

13件中1-13を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ