海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >中南米 >中南米全般 >旅の安全・治安 >ラパスの最新偽ポリスの手口です。

ラパスの最新偽ポリスの手口です。

こんにちはゲストさん

 ラパスで偽ポリスの被害にあったものです。日本人も結構被害にあっているので、
これ以上日本人が被害にあわないために、周知の意味で詳細を記載します。

 ラパス=>プーノのパンアメリカーナのバスに乗ったところ、平日の17時ごろに
サガルナガ通りに着きました。

 そこで無線タクシーが止まっていたので、無線タクシーなら安心だろうと思い、
乗りました。

 そこからは以下の流れです。
 
 1.無線タクシーの運転手A(30代ぐらいの男性)が、”オレはIDを持っているから
   安心だ”とタクシーの身分証らしきものを見せて安心させる。
 2.100mぐらい行くと、旅行者の女性B(20代半ばぐらい。自称チリ人)が、手を
   あげて、タクシーの助手席に乗り込んでくる。
 3.すぐに、タクシーが裏通りに入り、無線タクシーの運転手Aがタクシーを止め、
   ”タクシーが故障した”と言って、タクシーのエンジンルームを開ける。
 4.無線タクシーの運転手Aが”タクシーが故障したからタクシーをチェンジしないと”
   と言って、あたりをみると、無線タクシーのすぐ後ろに普通のタクシーが止まって
   おり、あっというまに自分の荷物をその普通のタクシーのトランクルームに入れられる。
 5.旅行者の女性Bと一緒に普通のタクシーに乗りかえることになり、普通のタクシーの
   後部座席に、自分と旅行者の女性Bが乗る。
 6.100mぐらい行くと、すぐに、助手席に、警官を名乗る男性C(40代から50代ぐらい。)が
   乗ってきて、”外国人旅行者の荷物にドラッグが入ってないかどうかチェックする!”
   と言って、偽の警官IDを見せる。
 7.とりあえず、ホテルに行ってから見せる!と主張しても、旅行者の女性Bと普通の
   タクシーの運転手Dが、”いいからみせろ”と言い、旅行者の女性Bが次から次に
   パスポート、財布などを警官に見せる。
 8.しょうがなく警官に財布、カメラなど、かばんの中を見せる。その場では、ちゃんと
   元に戻したように見える。
 9.次に、クレジットカードの暗証番号を書けと言われる。

 私は、9の時点で怒って、パスポートを奪い返しタクシーを降りました。その際、普通の運転手D
 が慌てて、トランクルームから荷物を出してくれました。

 で、違うタクシーを拾ってホテルに着いて、かばんをチェックすると、100ドル札、100ソル札、
カメラがすべてなくなっていました。
  
 9の時点で暗証番号を書いた人の中には、限度額まで引き落とされた人もいたそうです。

 私が着いたホテルでは、その一週間に私を含めて3人も日本人が被害にあっています。また、被害
にあったのは日本人だけではなく、欧米人も多く被害にあっているそうです。

 これから、旅行する方が絶対、同じ手口で被害にあわないように、書きました。無線タクシーは
止まっているのはやめて、流しの無線タクシーを拾うと良いそうです。

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

6件中1-6を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ