海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >旅の服装 >3月中旬からのヨーロッパ周遊での服について >自分の判断と経験

自分の判断と経験

こんにちはゲストさん

21360107/03/04 09:52

JORGE

海外旅行全般
旅の服装

この手の質問でいつも思うのですが、国内に居て、数週間先、いや一週間先に着るべき服装を予測し決定することが可能かと言うことです。ましてや今は季節の変わり目です。一般論として、島国と大陸、大陸内部と海沿いとでは日中と早朝、夜間、日々の気象変動など相当異なります。欧州では真夏でもコートを着ていて、雨が止んで太陽が顔を出した途端に、コートを脱ぐとノースリーブなどということも日常のことです。この時期ならば、初夏のような天気の翌日に雪という日も良くあります。日本でも自宅にある服を使い分けて日々の生活に対応しているはずです。さらに、他人の着る物を誰も決める立場にないということ。西日本でが週の半ばから、東海、関東地方でも週末から初夏の気温です。半袖で過ごせる人も居れば、コートにマフラー姿も目にします。また、この気象が今後の地球気象の標準になるのか、今年、この時期の例外なのかが分かるのは10年以上先の話でしょう。無駄になる可能性があっても、ある程度の変動に対応できる服を持って行くか、いざとなれば現地で購入するしかないでしょう。大都市しか行かずに、しかも出歩かないのであれば、室内で着る程度の服装でも可能ですが、これも第三者にはわからないことです。

貴族や新興商人がお付の人を携えて旅をする時代なら服の心配をする必要はないし、現代でもパッケージツアーならば毎日服を変える生活も可能なのですが、大抵の人は最低限の服をやりくりして過ごすのではないでしょうか。これも、安い宿を使い、食事もファーストフードや大衆的な店だけなのと、高級ホテルに泊まり、高級レストランで食事をし、高級店で買い物をし、観劇などをするのであれば、持って行く服装の量も質も違うはずです。また、同じ服を毎日着ていても気にならない人も居れば、毎日、時には午前と午後とで着る物を取り替えないと気が済まない人も居ます。また、少ない服を洗って再利用する(下着は洗うのが大前提)か、洗わずに溜め込むか、クリーニングに出すかなどによっても違います。国によっては部屋にアイロンがあるホテルが多いところもありますが、予定している国では備わっているホテルは少ないはずです。旅行用のアイロンもありますが、重さと容量が足りないため、あまり実用的ではありません。

どれだけ持って行くかは、最終的には価値観によるものだと思います。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

14件中1-14を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック