海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >アジア >香港 >テーマを特定しない >香港登山 ウィルソントレイル(ルート2~1) 第4弾!no2

香港登山 ウィルソントレイル(ルート2~1) 第4弾!no2

こんにちはゲストさん

霧と風雨がさらに厳しくなるなか、ウィルソントレイルのルート1に突入した。
『ルート1』 黄泥涌水塘→赤柱峡道 4.8キロ 2時間 難易度3

いままでにない難コースだ。



ルート2の標識の前の道路を横断して右に100メートルほど進むと左手にルート1の入り口が現れる。

いきなり急坂の石段が我々を出迎えた。途中の石段で特大のでんでん虫を発見した。おそらく朝からの雨で出てきたのだろう。

左手には陽明山荘が霧のなかにぼんやりと見ることができた。目指すは、紫羅蘭山(Violet Hill 標高436メートル)だ。断続的な急坂の石段が出没する。


この付近からは、天気がよければ、左右の山々が一望できるのだが、霧でなにも見えない。そして風雨は強まるばかりだった。


やっとの思いで、紫羅蘭山 山頂に到着することができた。毛唐の女が、おいしそうにバナナをほうばっていた。


山頂をすぎると、霧に巻かれながらの下山だ。。。 しばらく左右にはなにも見えない。晴れていれば海や山々が見える絶景の場所だ。残念だ。


標距柱6あたりから標高が下がってきたために霧が若干晴れ始める。左手にはうっすらと、大潭中水塘(写真左)が見えてきた。

そして、さらに下ると、右手に淺水灣(Pepulse Bay)が見えてきた。

標距柱5すぎると、次にひかえる地獄の約1000段の石段が眼前に見えてくる。その後しばらくして谷底に到着した。そこには、小さな紫崗橋がある。その先から約1000段の石段登山が始まる。標距柱4からの500メートルが地獄の石段なのだ。

いくら登ってもひたすら石段だ。 後ろを振り返ると、いままで下ってきた紫羅蘭山が見える。石段の両脇には花も咲いていた。

何度も休憩してやっとの思いで、地獄の石段を登りきった。

写真付き詳細⇒http://amet.livedoor.biz/archives/50288709.html

0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

1件中1-1を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

香港登山 ウィルソントレイル(ルート2~1) 第4弾!no2

amet 06/12/13 11:23
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック




香港のツアー最安値

香港のおすすめホテル