海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >パスポート、ビザ >HK入国について >怪答ありがとうございます。あっ回答だその1

怪答ありがとうございます。あっ回答だその1

こんにちはゲストさん

律儀に回答ありがとうございます。
残念ながら、というか予想通りというかやはり理解できず、かえって謎がふかまりました。

>きちんと読めばちゃんと分かることではありませんか?

きちんと読んでわからないからの質問です。
もちろん、見落としはありえますからその点は最初からいっています。年のせいでもさびしいです。

>『強制送還』、『帰りの航空券不所持』は・・・通知書を私にも確認されたので分かったことです。

『強制送還』はありうるとおもっていました。しかし『帰りの航空券不所持』について通知書に書いてあったというのは初耳です。

>>本人は何度も行っていて『いつも見られないから』と
出国手段のチケットを用意せず
という 伊太郎さんの見解があっただけですから、体験された事実かどうか疑問に思ったのです。
回答を見ても信じがたいのは、『帰りの航空券不所持』という理由で『強制送還』するということが書かれていたのを確認した。ということです。

ご存知とは思いますが無査証入国というのは「たとえば観光のため90日以内の滞在の場合、旅行者は査証を取得することなく入国(入域)すること認められるという国と国との協定です。から何かこれに加える条件があれば当然そのことが明示されます。よくある条件は旅券の残存日数と帰国または出国の航空券の所持となっています。
ヨーロッパの国の多くは、旅券の残存日数だけになっていますから航空券の不所持だけで入国拒否となるのは、ほとんどなく、それだけの理由で『強制送還』になることはありえないというのが、旅行会社の人、航空会社職員、CAの一致した意見です。昔の話(30年位前)で恐縮ですが、ある勉強会で聞いた、外務省のかた、課長補佐クラスの方、のお話でも同じでした。勉強会での話は、特定の国についてではなく観光目的で海外旅行をする場合の査証とか、査証免除の話の中ででてきたものです。
ということであなたのレスは理解できません。査証とか、査証免除の意味は30年前と変わっていません。
ホンコンにそんな規定があることも信じられません。

『強制送還』の引き取に行くということはありえますが、その『強制送還』の理由が『帰りの航空券不所持』ということはやはりありえないとおもいます。

0

通報する

質問・トピックと回答のタイトルと本文

36件中1-30を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示

1

HK入国について

Gowild 06/10/09 20:30

7

HK入国について

Gowild 06/10/09 22:14

9

マジですか!???

Gowild 06/10/09 22:52

12

2年前ですね

伊太郎 06/10/09 23:40

10

うっかり

京成沿線 06/10/09 23:02

11

確かに

Gowild 06/10/09 23:08

18

E-ticketの場合は

伊太郎 06/10/10 20:45

13

最近は・・・。

CALLRYO 06/10/10 08:21

24

答え

伊太郎 06/10/17 00:30

25

怪答ありがとうございます。あっ回答だその1

たぬきの金時計 06/10/17 06:47

27

失礼よね

ミラノサンド 06/10/26 16:49

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ