海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >ヨーロッパ >ヨーロッパ全般 >テーマを特定しない >ブダペストにて >5月29日・・・①「思い出はこの街に」

5月29日・・・①「思い出はこの街に」

こんにちはゲストさん

3年前、ウィーンに6泊、ヴァッハウに一泊してウィーンの街を観光しました。当時の目的はオットー・ヴァーグナーを始めとするユーゲントシュティ-ル建築と、グスタフ・クリムトの絵。

ウィーンの街は、パリの街並みなどのような歴史の重厚さはなく、なんだかスッキリあっさりした街並み。かといって開発されすぎた某都市のような雑然とした面白みのない町ではない。近代的なビル建築も街中に溶け込み、美しい。
これほど近代と現代がうまく溶け合った街はお目にかかった事がないです。

今回のウィーン訪問は、前回の旅行でやり残した事の埋め合わせ。
そしてウィーンが3年でどれだけ変わってしまったかを見てみる事。

とりあえず、今日一日で、この目的を果たしてみましょうか。

朝の観光。目覚まし時計のタイマーを2時間早くセットし間違え、朝6時に観光に出てしまう。ホステルを出てしばらくしてから、この間違いに気づく。
朝6時なんて、観光地はおろかカフェでさえ開いていない。
ガイドブックを開き、この時間帯に開いているカフェに目星をつける。

「カフェ・インペリアル」

最高級ホテル、インペリアル付属のこのカフェ。
なんと7時から開いている。早速セレブの朝食を食べに向かってみる。

さすがに最高級ホテルのカフェです。値段も最高級。
コンチネンタルの朝食だと、なんと24ユーロもする。ビュッフェ形式だと33ユーロ。これにはびっくりです。
コンチネンタルなんて、僕の勝手なイメージですがパン、コーヒー、ジュース、チーズ、ハム、よくてタマゴくらいのイメージしかない。
もし本当にそれだけしか出なければ、24ユーロは高いっしょ?

チャレンジしてみようか、とも一瞬考えましたが、予算の関係で諦め、安い一品朝食(茹でソーセージ)とパン、モカ、オレンジジュースの朝食。

ホテルの宿泊客が朝食を食べに、次々と入ってくる。
朝食はさすがにおいしく、カッぺの僕でもすごく居心地のいいサービスをしてくれる。まさに最高級カフェです。

のんびり朝食を取り終えると、朝の8時過ぎ。ボチボチ国立劇場前売りセンターに並びに行き、今夜の観劇のチケットをゲットしに行く。

センター脇にみゅうのツアーデスクがあったので、市内地図を手に入れに入る。ガイドブックの地図はイマイチ信用が置けませんので、地図は現地調達。
ついでに映画館の情報も聞いてみる。日本ではまだ公開していない「スターウォ-ズ」が既に公開されていたので、旅行最終日に見てみようかな、と思いましたので。

一つわからなかったのは、映画館の仕組み。
日本のシネコンみたいな入れ替え制なのか、前売りを買わないと人気の映画には入れないのか、など。
心配は無用のようでした。ウィーンには多くの映画館があり、よほどの事がない限りチケット購入は容易だそうです。オマケに前売りはインターネットか電話予約しかないそうです。

注意事項は一つだけ。殆どの映画館がドイツ語のみか、一部が字幕無しの英語のみらしい。オーストリア人は字幕というものを知らんのか??

英語上映の映画館は2軒ほど知っていたので、なんとかなりそう。
いい情報を手に入れ、満足して再び国立劇場前売りセンターの列に並ぶ。

僕が欲しかったのはブルクシアターの芝居のチケット。
最近、旅行ではオペラばかりしか見ていないので、変化をつけようと。。。

席は後ろのほう、バルコーンの7ユーロのチケットしかないらしい。
入れりゃなんでもいいや、と購入。

夜の予定は決まった。
後は夜まで久々のウィーンの街を堪能しに行きますか。


0

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

10件中1-10を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック