海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 教えて!旅のQ&A旅仲間募集掲示板TOP > 海外旅行 >海外旅行全般 >医療、病院、薬、予防注射など旅の健康情報 >公共交通機関でのマスク着用義務化 >マスクの効果

マスクの効果

こんにちはゲストさん

に関しては、WHOとCDCとですら見解が異なるものの、少なくとも今年の1月まではマスク社会の日本は、アジア以外では異端児。ところが、欧米人の多いタイでは、1月からぼつぼつと見かけられ、2月の時点では、少なくともBTSなどでは装着していないほうが希。仰々しいし、どうみても似合いませんが・・・。今や、世界の映像でも当たり前になってしまいました。

マスクの効果に関しては、実は専門家の間でも意見はまちまち。多数派というか常識的には、
(1)咳などで出る飛沫を抑える効果はある
(2)飛沫核(エアゾル)を吸い込むことは阻止できない
なのですが、ほとんどの知見は、無機物粒子を使ったもので、実際のインフルエンザやコロナウイルスを使った、さらに感染まで調べたものはほとんどないのです。さらに、装着法などにも限界や誤使用などがあり、政府が配給することになった布マスクに関しては、効果を疑問視するばかりか、経費の無駄や、不適切な使用法により却って汚染拡大に繋がるという意見もあります。

恐らく、咳をしたさいの飛沫を飛ばさない効果に関しては、サージカルマスク(不織布)も布マスクも同じでしょう。しかし、防御(ウイルスを取り込まない)効果に関しては、布マスクは勿論ですが、サージカルマスクもほとんどないのです。まず、きちんと装着しても、空気抵抗の関係でサージカルマスクを通って鼻に入る空気は良くて50%程度と言われ、なかには10%程という説もあります。鼻にかぶせない(電車乗客中の一割程度と国会議員にも少なくない数が見られます)のでは、指をしゃぶるのを抑える以外には効果は全くない。

上記(1)は確かにそうなのですが、それは飛沫を可視化すると、確かに抑えられるだけで、目に見えないウイルスに関してはわからないのです。さらに、コロナウイルスは咳だけではなく、我々が生きるためにせねばならないこと、すなわち二酸化炭素を鼻か口から出す呼気、この呼気中にも居ることがわかっています。特に、感染者の8割が発症しないか、軽症なので、見た目健康で感染者とは思われない人が、感染源である可能性は低くないのです。これが、「人を見たら感染者と思え」という現代の怖さに繋がるのです。

上記を踏まえ、最近発表された、一見相反する結果。でも、恐らく、ともに正しいのでしょう。条件の違いや測定法の違い等をきちんと検証すれば、正しい結論に至ると思われます。結論を言うと、3年から4年にわたって調べた香港の結果は、コロナウイルス(新型が発生する以前のデータなので、カゼの一種のコロナです)は呼気中のものはマスクでほぼ完全に遮蔽できる。インフルエンザは完全ではないが、かなり防げる。しかし、カゼの主流派ウイルス(ライノウイルスというコロナやインフルエンザの1/5程度の大きさ)は全く防げない。韓国の病院での結果は、今回の新型コロナウイルス感染患者で、しかも咳をしてもらっての放出量を調べたもので、たったの4名ですが、なんとマスクは全く効果がなく通過してしまったというものです。特にマスクの内側ではなく、外側に大量のウイルスが付着していたという結果は衝撃的。香港の調査では、咳やくしゃみは自由にして良いと伝えていたそうですが、それが結果にどう反映されているかはわかりませんが、大部分が通常の呼吸を反映しているとみれば、そうなるのか、単に新型コロナウイルスが特殊なのかはわかりません。

要するに、JRなどが盛んに言っている”咳エチケット”だけでは、感染防止にはならないこと。新型コロナもそうですが、通常のカゼですら、”疑いしきは罰す”だけでなく、”疑いのないものも罰す”という立場でないと駄目なのです。

Nature Medicine
Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks

Annals of Internal Medicine
EffectivenessofSurgicalandCottonMasksinBlocking SARS-CoV-2: A Controlled Comparisonin 4 Patients

これらから言えるのは、
・咳や鼻をすする人からは、例えマスクをしていても逃げるに限る。無防備だったら、近づかない。
・やはり、呼気中のウイルスを車内に蒔かないためにも、マスクは必須。

マスクが手には入らない状態では意味がないと言う点に関しては、、、

少なくとも必要としている人に行き渡させるのは、国の責任。公共交通等で着用義務化させるのなら、運行会社も責任を担うべきでしょう。2009年のマスク買い占め、2011年の懐中電灯、乾電池、ペットボトル不足を経験していれば、今回の事態は想定内。何も対策をしなかった政府の責任です。国が販売まで規制し配給すればできたことです。

1

通報する

旅のレポートと回答のタイトルと本文

10件中1-10を表示

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示
  • 1

ツリー表示

時間順表示

タイトルのみ表示

タイトルと本文表示


関連トピック



この質問に付けられたタグ